薬用イビサクリームと薬用アットベリーを5つのポイントで比較

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」のどちらを購入するべきか迷っていませんか?

デリケートゾーンの黒ずみケアに特化したアイテムにはさまざまな選択肢があります。

ここでは、特に注目の「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」の二つのアイテムを価格や成分など5つのポイントで比較しています。

それぞれの違いを知ることで、あなたの希望や条件に合ったアイテムを選ぶことが可能です。

同じ目的を持つこれらのアイテムでも、5つのポイントで比較してみると色々な違いが見えてきます。

あくまでも中立の立場から、「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を比較してそれらの違いを分かりやすく解説!

どちらがあなたに最適かを見極められる内容なので、ぜひ記事の最後までお付き合いください。

「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を5つのポイントで比較しました!

比較ポイント 比較する内容
1.料金で比較 料金、配送料、返金保証・継続必要回数等の料金を比較してみました。
2.有効成分で比較 美白有効成分やその他有効成分を比較してみました。
3.内容量で比較 1回に届く本数・1本あたりの内容量を比較してみました。
4.テクスチャーで比較 形状やテクスチャー、香り等を比較してみました。
5.分類で比較 医薬部外品であるか否かを比較してみました。

上記の5つのポイントで、「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を比較しました。

左側の比較ポイントをタップ(クリック)すると比較内容に飛べます。
知りたいポイントからチェックしてみてください。

1.「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を料金で比較

薬用イビサクリーム 薬用アットベリー
単品購入価格 7,700円 6,500円
送料 510円 650円
定期購入
1本あたりの価格
2,695円 2,980円(初回)
定期購入しばり(必要回数) なし 2回以上
解約・休止などの連絡方法 次回商品到着日の7日前までに電話で連絡 次回出荷予定日の7日前までに電話で連絡
返金保証 28日間 なし

※価格は全て税込

薬用イビサクリームと薬用アットベリーを料金で比較してみました。単品購入価格では、薬用イビサクリームが7,700円、薬用アットベリーが6,500円となっています。送料は、薬用イビサクリームが510円、薬用アットベリーが650円です。

定期購入においては、薬用イビサクリームは1本あたり2,695円となっており、しばりや必要回数はなく、解約・休止の連絡は次回商品到着日の7日前までに電話で行います。また、返金保証期間は28日間となっています。

一方、薬用アットベリーの定期購入初回価格は2,980円で、2回以上のしばりがあります。解約・休止などの連絡方法は、次回出荷予定日の7日前までに電話で連絡する必要があり、返金保証はありません。

料金面では、単品購入価格や送料を比較すると、薬用アットベリーの方が安価ですが、定期購入では薬用イビサクリームがお得な価格設定となっています。また、返金保証もあるため、安心して試すことができます。

2.「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を有効成分で比較

薬用イビサクリーム 薬用アットベリー
有効成分 トラネキサム酸、グリチルリチン酸K2 水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分 BG、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリアクリルアミド、メチルフェニルポリシロキサン、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス(2)、ローズ水、ウメ果実エキス、大豆エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アルピニアカツマダイ種子エキス、サクラ葉抽出液、カモミラエキス-1、水添大豆リン脂質、オウゴンエキス、乳酸Na液、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、フェノキシエタノール トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液(4)、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ニンジンエキス、トウキエキス(1)、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス(1)、クララエキス(1)、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、1,3-ブチレングリコール、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、2-エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」の有効成分を比較すると、前者はトラネキサム酸とグリチルリチン酸K2を含有し、後者は水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムを含有しています。

トラネキサム酸は、炎症を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果があります。グリチルリチン酸K2は、皮膚の炎症を抑え、肌荒れを防ぐ効果があります。

一方、水溶性プラセンタエキスは、肌のターンオーバーを促進し、美白効果が期待できます。グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症作用があり、肌荒れを防ぐ効果があります。

また、それぞれの製品には、有効成分以外にも様々な成分が含まれていますが、比較すると差異があります。具体的には、「薬用イビサクリーム」には、党参抽出物加水分解液や大豆エキスなどが含まれています。一方、「薬用アットベリー」には、ヒアルロン酸ナトリウムやエイジツエキスなどが含まれています。

どちらの製品が優れているかは、個人差や使用目的によって異なります。そのため、自分の肌質や目的に合わせて、適切な製品を選択することが重要です。

3.「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を内容量で比較

薬用イビサクリーム 薬用アットベリー
1本あたりの内容量 35g 60g
1回あたりの届く本数 2本 1個

「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を内容量で比較すると、薬用イビサクリームの1本あたりの内容量は35gであり、1回あたりに届く本数は2本、薬用アットベリーの1本あたりの内容量は60gで、1回あたりに届く本数は1個です。
つまり、1回で届くトータルの内容量は薬用イビサクリームの方が多く、お得感があります。また、1本あたりの内容量が少ないため、旅行先や外出先にも手軽に持ち運びできますね。

4.「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」をテクスチャーで比較

薬用イビサクリーム 薬用アットベリー
形状 クリーム クリーム
テクスチャー さらっとしていて塗った後もべたつきなし みずみずしいジェルで肌なじみがよくべたつきなし
香り 無香料 ほのかなバラの香り

「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」をテクスチャーで比較すると、両方ともクリーム状ですが、薬用イビサクリームはさらっとしていて塗った後もべたつかず、薬用アットベリーはみずみずしいジェル状で肌に良く馴染み、べたつきがありません。また、薬用イビサクリームは無香料ですが、薬用アットベリーはほのかなバラの香りがあります。
どちらのテクスチャーや香りが好みかは個人差があるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

5.「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を分類で比較

薬用イビサクリーム 薬用アットベリー
分類 医薬部外品 医薬部外品

「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を分類で比較すると、どちらも医薬部外品です。
医薬部外品とは、厚生労働省が指定する医薬品と化粧品の中間に位置する製品で、医薬品と同様に効果や安全性が認められた製品のことを指します。つまり、どちらの商品も厳しい基準をクリアしていることが保証されており、安心して使用することができます。

「薬用イビサクリーム」がおすすめの人

  • デリケートゾーンの黒ずみやニオイが気になる人
  • イビサクリームを継続して1日2回使用できる人
  • コストが高くても継続できる人
  • ワキやバストトップの黒ずみケアもしたい人

「薬用イビサクリーム」の公式サイトはこちら

「薬用アットベリー」がおすすめの人

  • ワキや二の腕、デリケートゾーンなどの黒ずみやぶつぶつに悩んでいる人
  • 保湿効果の高いクリームを探している人
  • ニキビやニオイのケアもしたい人
  • ニキビやニオイのケアもしたい人からだ全体に使えるオールインワンクリームが好きな人

「薬用アットベリー」の公式サイトはこちら

まとめ

今回は人気のデリケートゾーンの黒ずみケアアイテム「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を5つのポイントで比較し違いを紹介しました。

「薬用イビサクリーム」と「薬用アットベリー」を比較して検討する方も多いのですが、実は「薬用イビサクリーム」と「フェミデオ」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「薬用イビサクリームとフェミデオを5つのポイントで比較」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてください。